カテゴリーアーカイブ: 古典

メモ

理化学研究所脳科学総合研究センター 生物言語研究チーム取材 : SCI(サイ) 鳥から知る 文法と音声学習能力 …

続きを読む

障礙者雇用のルール

常識が無いので何とも言ひ難いのだが、障礙者を雇用する事が企業の得點になる制度がどうもあるやうだ。以前勤めてゐた …

続きを読む

共同參畫の革命思想

男女は同じ面も異なる面もあらう。全く同じとは言へぬし、全く違ふとも言へぬ。同じ言葉を話すが、話す内容は男と女で …

続きを読む

低線量被曝の害の科學的實證

http://www.forbes.com/sites/jamesconca/2013/01/11/like-

続きを読む

仙水丸の法

江戸時代には大小便を藥の原料に用ゐてゐたやうです。「十二月ノ小べんヲとり、小べんニテ小麥のこ(粉)をしめし、う …

続きを読む

膚受之愬

子張問明、子曰、浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂明也已矣、膚受之愬、不行焉、可謂遠也已矣、 子張、明を問ふ、子 …

続きを読む

人倫の大本

光仁の御世より眞言・天台のさかりになることを聊(いささか)しるし侍るにつきて、大方の宗々傳來のおもむきを載たり …

続きを読む

彷徨ふセクハラ概念

セクハラとは卑劣な女のヒステリーとまで書いて攻擊されぬわけはあるまいが、本當にセクハラを受けたかどうかは知らな …

続きを読む

孰れか微生高を直なりと謂ふ

人の幸福を妬むことをルサンチマン、怨望と言ひ、怨むことはまるで恥づべきことであるかのやうに言はれる。 子曰、伯 …

続きを読む