正しいものへの茶々入れ

論敵・政敵が妥當でないことを言つたかのやうに誤魔化して傳へる技術がある。もとの発言を枕に自說に都合の好い事實を探して來ればたとへそれが的を射ていなくとも讀者は騙せる。以下のコラム筆者は、アメリカ官庁の「高官」と職業上の繫がりを利用した。

千鳥ケ淵戦没者墓苑はアーリントン国立墓地に「最も近い存在だ」――。米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が千鳥ケ淵墓苑に献花したことに関し、米国防総省高官はこう述べたそうだ。5月の安倍晋三首相の発言と引き比べると、そのメッセージはよくわかる。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO60673550V01C13A0MM8000/

このコラム筆者は、以下を論ふ。

アーリントン墓地はバージニア州にある戦没者慰霊施設。安倍さんは米誌とのインタビューで、靖国神社を同墓地になぞらえて靖国参拝は自然なことだと主張した。

卽ち本當には靖國神社でなく千鳥ヶ淵が本當はアーリントンに當たるものだと云ふ。どういふ理由か?

同墓地のウェブサイトを訪れると、様々な信仰のシンボルが目に入る。政府が用意する墓石に刻むことが可能なシンボルの一覧なのだという。…(筆者略)…それほどに、宗教的な寛容が重んじられているのだ。

一方の靖国は一つの宗教法人であり、同墓地になぞらえるのはやはり無理がある。

墓石に刻めるシンボルの數がどうやらコラム筆者の「宗教的な寛容」を測る基準みたいなのは置いて、「一つの宗教法人」は慰靈を擔ひ得ないと云ふのは極附けに過ぎまい。この新聞と筆者は自分達に都合の好い事実のみ述べ、都合の惡い事實には目を瞑つてゐるといふ點で不公正である。

靖國神社は一宗敎法人であつてもいかなる宗敎の信者であれ、敕命を奉じて非命に斃れた人々を祀つて戰後、一貫して、靈を慰め續けてきた。自分達が信奉する一國の國家の制度から排除するのだとしたら、コラム筆者はどのやうな基準で慰靈施設として容認するのであらうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。