根據の無い〝ロリコン禁止法〟

子供の裸を扱つた表現について書籍などを持つてゐるだけで罰せようと云ふ動きがある。被寫體などとなる少年少女を傷附けるからだと云ふものが多いが、この論の可笑しさは一體どんなモデルが被害を受けたのかがはつきりしない處だ。

かう云ふ主張が本當なら當然に出版社や寫眞家を相手取つた訴訟などが起こるはずなのだが、一向にそんな氣配はない。そのやうな架空の被害に基く主張は、自分にとつての不快なものを叩くのみの表現叩きである。

私の目にした限りで以前に少女ヌード寫眞集を自分の藝名で出した子供が、大人になり成年週刊誌のグラビアページに出たりしてゐる。その樣な例もあるのに子供を傷附けると云ふ理由で叩くのなら、證據ぐらゐ擧げて欲しいものである。

所謂兒童ポルノに反對する向きにはそれをプライバシー侵害や名譽毀損の表現と同列に論じる人々が多い。が、現實に被害の出てゐるものとさうでないものは峻別する必要がある。根據の無い主張は排除されねばならない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。