賣春を巡る非難の矛先

「賣春は女性差別である」といふ物の言ひ方には、ぢやあどのやうに差別がなされるのかといふ疑問が付きまとひます。「不潔」「ふしだら」といふ感覺は分かります。では、なぜさうかといふと、最終的に貞操を男の側が守らないといふ妻からの恨みがこの言葉に込められてゐると感ぜられます。それは、結婚したら、男は妻一人とだけしか、性交してはならないといふ近代的一夫一妻制に發する考へでせう。

しかし、ある種のフェミニズムにはこれには絶對に乘れない。なぜなら、夫婦の制度といふものが女性差別であると考へるからです。そこで「女性が自分の意志で賣春するのは自由」といふ何でも自己決定といふ理屈を立てる。これは非常に自己決定・自己責任原則を追求したものなのですが、契約を通した管理賣春はすべてダメといふ敎義を採る。

管理賣春自体、歷史的に一夫一妻制に基づく賣春への罪惡視の中で生まれた槪念です。だから、彼ら彼女らは自分たちが本來乘ることが出來ない考へ方を無意識なのか、何なのか、つまみ食いしてゐることになります。これが出來るのは彼女らが非難の矛先にするのが、違法とされ、そしてろくな人間がゐないとされる賣春業者だからです。まあ、賤業といふのはかういふことかと。

そのやうなフェミニストに「俺は管理賣春を女性差別だと思はない」などと言つたらどうなるのでせうね。彼らは反論せざるを得ないでせう。しかし、契約を結ぶ女性の自由意思といふのはどうなるのか、そしてもう片方の相手である業者はその自由意思を認めるべきではないのかと問えば、まともな答へは返って來ないでせう。また「買春」をする男性も女性の自由意思を認めるべきでないかもしてみたい質問ですね。

酷薄なフェミニズムを私は好きません。彼女らはジェンダーの上にあぐらを搔いてあまりにも多くの人を傷つけました。セクハラだ、DVだ、ジェンダーフリーだといつて夫婦間のことをひつ搔き回して結婚を敵視する。一方で彼らの管理賣春への非難は、女性の自己決定を阻害するのに、傳統的な家族を守る考へに沿つてゐるためか、支持者獲得に役立つ道具となつてゐるのです。

そして、近代の結婚觀からくる女性差別としての賣春は不利益を被る側のが誰なのかといふことを考へるに怒りと非難の應酬が激しく行はれ混亂があるやうに思うのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。