セクハラ退社

どんな報復があらうと、何を犧牲にしやうと後悔せぬことが、恐らくここに書く必要條件なのだろう。このソフトすらも、バッファ中の表示を出して私を試してゐる。そんなものに負けるものか。私は、セクハラなどはこの世で禁じられるべきものではないと考えてゐる。そのように振る舞ったら社を退社させられた。形式的なルールに何の意味がある。

實質的な退社の理由はセクハラである。直接的に會社がこじつけた理由が社内での上司への不服從と暴力であったとしても。不服從と暴力の原因は、私に加えられた精神的苦痛なのだから。すなはち女性社員が私を挑撥し、それに應へたことが、彼女らが嫌がらせをする理由になったのだから。しかしそのような感情に付き合ふ道理はない。

會社は私にありとあらゆる嫌がらせをした。私を昇進させなかったのも一つだが、それだけならばよい。私が女性の原稿に手を加へると周りに大きな音をたてさせた。女性の氣分に沿はぬ表現に文句を付けないと大音を立てた。女性の仕事に文句を言った後にこれらのことが顯著になった。仕事上の噓も吐かれた。それが1年以上續いた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。