月別アーカイブ: 2012年6月

人倫の大本

光仁の御世より眞言・天台のさかりになることを聊(いささか)しるし侍るにつきて、大方の宗々傳來のおもむきを載たり …

続きを読む

セクハラ退社

どんな報復があらうと、何を犧牲にしやうと後悔せぬことが、恐らくここに書く必要條件なのだろう。このソフトすらも、 …

続きを読む

マクマーフィーへの共感

「カッコーの巢の上で」は私がこれまで見た中でも、最高の出來の映畫である。つまり、共感できる。管理への日常の怒り …

続きを読む