彷徨ふセクハラ概念

セクハラとは卑劣な女のヒステリーとまで書いて攻擊されぬわけはあるまいが、本當にセクハラを受けたかどうかは知らないが、自分は受けたのだとして「セクハラ冤罪があるわけがない。もしあったとしても、それは証明されなければならぬ。セクハラをしたあとに被害者が出したラブレターなどがあって初めて証據になる」と自分のサイトに書いた女がゐたが、私はそのように考へない。セクハラ冤罪はあるのだとしか言ひやうがない。それと、尻を觸ったりしたくらゐは善いのだ。そこまでギャンギャン騷ぎ立てるんじゃねえよって話だ。

意識が低いと言ふ女は逝ってよし。である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。